「あの人は頭が良くて、説明が分かりやすい」

「もう少し分かりやすく説明したい」

 

そんなことを思った経験はありませんか?

 

この記事では、頭の良い人が実践している、「分かりやすい説明のコツ」について書いていきます。

 

【目次】

・分かりやすい説明とは?相手に理解してもらうこと

・頭の良い人が実践している「分かりやすい説明のコツ」4選

・分かりやすい説明をするための、トレーニング方法

・メタ認知能力とは?

 

この記事を読んで、頭の良い人が行っている話術を身に着けていきましょう。

 

分かりやすい説明とは?「補足説明が無くても、相手が理解できる説明」

「補足説明が無くても、相手が理解できる説明」

そもそも、分かりやすい説明とは、どのような説明だと思いますか?

声大きい人?それとも、はっきり話す人?

これは、説明するためのスキル的な部分で、分かりやすい説明とは違うものになります。

 

この記事で、分かりやすい説明の定義として、

「補足説明をする必要が無くても、相手が理解できる説明」と定義します。

ここでのポイントは、「相手が理解できる」です。

ポイントである理由は、説明の目的が、聞き手に理解して頂くことだからです。

その為、相手に「伝える」だけでは、目的を果たせないのです。

この次の項目では、実際に頭が良い人が使っている、「分かりやすい説明のコツ4選」に関して解説していきます。

頭の良い人が使ってる「分かりやすい説明」のコツ4選

「分かりやすい説明」のコツ4選

分かりやすい説明ができる頭が良い人が実践していることに関して解説していきます。

 

1.結論から話す

頭の良い人は、要点を抑えることが上手です。

結論から話すことによって、一番伝えたいことを、最初に伝えることができます。

聞き手は、結論を頭の片隅に置いて、話を聴く為、理由や具体例が理解しやすくなります。

結論を最初に説明する時の話かたで、効果的な話す順番は、

  • 結論(主張)
  • 結論の理由
  • 具体例
  • 反論処理
  • 繰り返し結論

の順番で説明すると分かりやすいです。

 

2.総論、各論の交互に話す

総論と各論の交互に話すことで、聞き手は目的を忘れずに、聴くことができます。

総論と各論について解説すると、

総論は目的

各論は手段みたいなものです。


例としては、

目的:彼女を作るための2つのコツ1つ目は

手段:それは見た目に清潔感を持たせることです。

 

目的:彼女を作るためのコツ2つ目は

手段:聞き上手になることです。


など、会話の中で繰り返すことが大事です。

 

3.たとえ話が相手の理解できることで、説明できる

分かりやすい説明ができる人は、相手が理解できることに例えて話すことができます。

 

ここでのポイントは、相手のわかることで話すことです。

いくら例え話をした所で、相手が知らないたとえ話では、余計に理解が出来なくなるケースがあります。

 

4.相手目線で、相手の聞きたいことを話す

分かりやすい説明ができる人は、相手の聞きたいことを話します。

分かりにくい人は、自分の話したいことを話します。

 

相手が聴きたいことがわからない方は、相手に何が聴きたいか聞くことも重要になります。

コミュニケーションの上級者だと、相手の聴きたいことを予測して話すこともできるようになります。

 

この次の項目では、分かりやすい説明をする為に必要な能力と、能力を上げるためにできるトレーニング方法に関して、紹介していきます。

 

分かりやすい説明に必要な能力と、能力を上げる為のトレーニング

能力を上げる為のトレーニング

分かりやすい説明のコツは、理解出来ましたか?

この項目では、実際に必要な能力が何なのか?

また誰でもできる、トレーニング方法を紹介していきます。

 

分かりやすい説明をする為に必要な能力は、「メタ認知力」です。

メタ認知力とは?

メタ認知力とは、自分のことを客観的に見ることができ、自分を制御する能力のことです。

 

メタ認知能力が、高い人は、自身を客観的に見ることができる為、相手の聴きたいことが察知できたり、いわゆる空気を読むことが上手です。

 

そのため、分かりやすい説明をするには欠かせない能力となっています。

 

「紙とペンがあればできる!」メタ認知力を上げるトレーニング

メタ認知能力を高める為に、特別な勉強は必要ありません。

紙とペンorスマホのメモがあればできる、メタ認知能力を上げるためのトレーニング方法をご紹介します。

 

セルフモニタリング

セルフモニタリングとは、自分自身を観察すると言う意味です。

おすすめの方法は、一日の行動を日記の様に紙に書きだすことです。

紙に書きだすことで、自身が無意識に行っている行動や、感情を客観的に見ることができるようになります。

具体的には、「行動」、「その時の感情」、「考えていたこと」などを、思ったままどんなことでも、書いていくことがおすすめです。

ここでのポイントは、「思ったことをなんでも書く」ことです。

ネガティブなことでも、ポジティブなこともそのまま書いていきましょう。

例として画像を載せておきます。

まとめ

分かりやすい説明に関しては、理解出来ましたか?

ガコプラでは、分かりやすい説明のような、人と人のコミュニケーション」に関しての講義も多く存在します。

 

詳しくは、https://corp.gakko-plus.com/service_gpこちらに、

授業内容、カリキュラム、料金などを記載しています。

オープンキャンパスも開催しているので、確認してみてください。

 

The following two tabs change content below.
ガッコウ+ 広報部

ガッコウ+ 広報部

ガッコウ+広報部です^^ ガッコウ+での日常の風景や、イベントの情報等を配信していきます。
おすすめの記事